【魔法の一粒】無添加・オーガニックなクコの実の効能

クコの実一粒で魔法のような効能が?

愛玉子(オーギョーチー)や杏仁豆腐の上にちょこんと4・5粒乗っている赤い実。

そうなんです、それこそ今回ご紹介するクコの実なんです。

関連画像

この小さくてかわいいクコの実ですが、古代の中国では「生薬」(漢方薬の原料)として使われていました。

現代でもクコの実は漢方薬のひとつとして中国では使われていますが、最近は「ゴジベリー」という名のスーパーフードとして密かに注目を集めています。

その理由は、クコの実の持つ豊富な栄養成分と、高い美容効果にあります。

世界三大美女であるあの楊貴妃をも魅了したクコの実ですが、果たしてどんな素晴らしい効果があるのでしょうか。

関連画像

小さな一粒で大きな効能!クコの実の成分とは?

クコの実は「ゴジベリー」とも呼ばれる、ナス科クコ属の果物のことです。

「クコの実 イラスト」の画像検索結果

クコの実はなんと100種類のビタミンを筆頭に、鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれた食材なんです。

さらに、食物繊維やポリフェノールなど、健康や美容に良いとされる成分があの小さな一粒にぎっしりと凝縮されているのです。

クコの実は主に次の4つの美容・健康への効能をもっています。

①老化防止

クコの実はオレンジの100倍ほどのビタミンCやポリフェノールといった強い抗酸化力を持つ成分が豊富な果物です。

そのため、体内の酸化=老化現象を防ぐ作用があります。

肌のシミ、たるみといった老化が気になっている人は、クコの実を取り入れることで改善が期待できますよ!

「クコの実 美肌」の画像検索結果

②美肌効果

クコの実のビタミンCは強い抗酸化力でシミの元となるメラニン色素を作るチロシナーゼという酵素を抑える働きもあるんです。

そのため、肌へのメラニン色素の沈着を防いでシミができにくい肌の環境を作り出してくれるんです。クコの実はコラーゲンの働きを守る作用もあるので、肌のうるおいを保って乾燥肌も解決してくれます。

「クコの実 美肌」の画像検索結果

③目に優しい

クコの実は別名飲む目薬と言われているほど、目への有効成分が豊富な食材なんです。

βカロテンやゼアキサンチンの働きで、視力低下の抑制、白内障や緑内障の予防にも効果を発揮すると言われてきます。

普段からパソコンやスマホの画面をずっと見ている人は、ブルーライトの刺激によって目が疲れやすくなっています。

クコの実はそんなあなたの疲れた目を癒してくれますので、目の不調を感じている人にも積極的におすすめしたいスーパーフードです。

関連画像

④冷え性を改善

ビタミンを何と100種類も含んだクコの実!

その中にビタミンPという成分が含まれています。

あまり聞きなれないこのビタミンPは、血液の流れを良くする血行促進の作用があり、血管内の血行不良を改善する効果があります。

女性に多い冷え性や肩こり、むくみなどはこのような血行不良が原因の一つなのです。

そこで、クコの実を食べることで、このような冷え性に関連する症状を和らげることができるのです。

「女性 冷え性」の画像検索結果

クコの実のおいしい食べ方

①そのまま食べる

クコの実は生のままでもおいしくいただけます。

トマトのようなほんのりとした酸味と甘みがあるので、サラダやヨーグルトとの相性がバッチリです!

「クコの実 女性」の画像検索結果

②ご飯に混ぜる

白米2合に対してクコの実40グラムと塩を少々入れて炊き上げれば、おいしくて栄養満点なクコの実ご飯の完成です。

クコの実と塩を少し多めに加えれば、おにぎりにしてもおいしいですよ。

関連画像

ちなみに、このクコの実ごはんのおにぎりは、うちの子たちのお気に入りです。

遠足や運動会のときは必ずクコの実おにぎりを作っています。

③クコの実茶

クコの実をお湯に入れてクコの実茶にしていただくのもいいですよ。

ただし、クコの実だけではあまり味がないので、緑茶や紅茶にクコの実を入れたほうがおすすめです。

さらに、クコの実と一緒に生姜やシナモンなどを加えて、自分の好きなブレンド茶を作るのも楽しいですよ。

関連画像

クコの実を摂取する際の注意点

このように、小さな一粒で大きな効能が期待できる魔法のスーパーフード「クコの実(ゴジベリー)」ですが、食べるにあたって注意することがいくつかあるんです。

せっかく健康と美容のためにクコの実を食べても、それが原因で体を壊しては身も蓋もないのでその点はしっかりと守りましょう!

以下にクコの実を食べる際に気を付けることを説明しますね。



クコの実は一日に10~20粒まで

クコの実は一粒が小さく、食べようと思えば際限なくポイポイと口の中に放りこんでしまいがちです。

「女性 食べる クコの実」の画像検索結果

しかし、クコの実を食べるの1日の上限は、10~20粒ほどに留めておきましょう。

クコの実を食べ過ぎるとお腹が冷えて、腹痛や下痢を引き起こすことがあります。

ですので、一日の上限を守って、お腹を冷やさないように、おいしくいただきましょう。

妊娠中・授乳中はクコの実は控えましょう

クコの実は高栄養値のスーパーフードですが、妊婦さんや授乳中の女性の摂取は推奨されていません。

「妊婦 NG イラスト」の画像検索結果

クコの実の中には、月経促進や人工中絶薬にも含まれる「ベタイン」という成分が含まれています。

そのため、赤ちゃんと関わりがある妊婦や授乳中の女性はクコの実を食べないよう注意してください。

低血圧の人もクコの実は控えましょう

クコの実は血圧を下げる作用があるので、低血圧の人が食べることでさらに血圧が低下する恐れがあります。

「低血圧  NG イラスト」の画像検索結果

クコの実を食べたあとに、立ちくらみやめまい、だるさといった症状が見られたら低血圧の疑いがありますので、すぐに摂取をやめて体を休ませましょう。

無添加・オーガニックのクコの実を自分の体に合わせて取り入れましょう

このように、小さな一粒のクコの実ですが、アンチエイジングや冷え性改善といったじつにさまざまな健康・美容効果のあるスーパーフードなんです。

「クコの実 女性」の画像検索結果

自分の体の状態を見極めながら、クコの実を上手に食生活に取り入れてはいかがでしょうか?

クコの実はそのまま食べても他の食材と組み合わせてもおいしくいただけますので、自分流に色々とアレンジして楽しむことができますよ!

もちろんクコの実は、無添加・オーガニックをおすすめします!

こちらのブラウン・ビレッジの公式サイトからお求めください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする