無添加・有機スーパーフードをすすめるわけ

健康で元気に暮らしたい!

大きな病気なんてしたくない!

と思っている方にとって、真っ先に思いつくことは身体によい食品を選びたいという願いではないでしょうか。

近頃はほんとうに多くの健康情報が溢れていますよね。

しかし、食べてすぐに健康で五体満足になれる食材というものは当然この世に存在しません。

だからこそ、日頃の食習慣の改善や、栄養豊富な食材をより効果的に食べることが大切なのです。

スーパーフードって何?

スーパーフードとは、文字通り「Super」な「Food」です!

そのはじまりは、1980年頃のアメリカにあります。

当時、アメリカの栄養学や医学の専門家の間で提唱されはじめた「身体に極めて良い」と指摘された様々な天然由来の食品のことです。

スーパーフードと聞くと、なにか特別な食品のように感じるかも知れません。

よくマスコミなどで取り上げられるスーパーフードは「アサイー」「チアシード」「モリンガ」など、わたしたち日本人は初めて聞くような、あまり馴染みのないものが多いですからね。

しかし、実は日本人である私たちは既に日常生活の中でいろいろなスーパーフードを普通に食べているのです!

スーパーフードを知らぬ間に食べている日本人?

スーパーフードは、専門家によって意見が分かれることも有りますが、概ね以下の条件を満たすものがあてはまります。

  • 特定の栄養素がたくさん含まれていること
  • 健康に良い栄養分が豊富で低カロリーであること
  • 抗酸化作用が高いこと
  • 老化や生活習慣病の予防に好ましいこと
  • ガンのリスクを遠ざける効果があること
  • 食材と健康食品(サプリメント)両方の役割をになうことができること

また、スーパーフードの定義としては、

「人が食べてきた歴史が長く、食べることによって起きる影響が解明されていて、安心・安全に食べることができるもの」

ということも求められるため、スーパーフードは決して「最近食べられはじめたあやしい食材」ではないのです。

そしてスーパーフードには、我々日本人に身近な食材も当てはまるのです。

ゴマや緑茶など日本人の生活の中に溶け込んでいるものや、リンゴの皮やニンジンの葉などのつい捨ててしまいがちな部分について、海外では「スーパーフード」として紹介されているのです。

「緑茶」の画像検索結果

「ゴマ」の画像検索結果

なぜ今スーパーフードが話題なの?

スーパーフードには、ビタミン・ミネラル・アミノ酸やクロロフィルといった必須栄養素がたくさん含まれています。

またスーパーフードの栄養のほとんどは天然由来のものであり、人工的な栄養を添加したものではありません。

「superfoods」の画像検索結果

植物由来のものが多く、健康を意識する人や体質改善に取り組んでいる人にとっては魅力的なものであり、近年の健康ブームもあって多くの人に知られるようになりました。

さらに、美容業界や海外のセレブたちが取り上げたことにより、日本の若い世代に一気に広がったということも考えられます。

さらに、野菜や果物など植物性のものに含まれる栄養素が体にすごく良いという考え方は、漢方や薬膳の世界とも状通する部分があるため、「病気を治すため」ではなく、「より健康に、より美しく」という願いを持った女性たちの間ですぐさま受け入れられたという理由もあるようです。

健康は食生活の改善から!今こそスーパーフードを!

最近はマスコミやインターネット上に多くの健康情報が溢れています。

しかし、食べてすぐに健康になれる食材というものは存在しません。

だからこそ、日頃の食習慣の改善や栄養豊富な食材をより効果的に食べるため、スーパーフードの価値があるのです。

珍しいもの以外にも、日本に根差したスーパーフードもたくさんあります。

自分自身が「おいしいな」と思えることこそ、健康に繋がる食生活の基本です。

こちらのサイトでは、無添加・有機にこだわった「スーパーフード」について、実際に私が口にしてみた経験に基づいて、その効能や性質を詳しくご紹介します。

自信を持っておすすめできるスーパーフードだけをあなたに紹介させていただきます。

あなたのより良い食生活の参考にしていただけたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする